TOP > 写真部メンバー - Ayako Fuda

【雑司ヶ谷】2017年3月19日 大鳥神社会場「はるに、桜と。」

こんにちは。手創り市写真部布田です。

ワークショップ「手縫いの革カバン」のブログに引き続き、
2017年3月19日、雑司ヶ谷手創り市の大鳥神社会場で開催された、
企画「はるに、桜と。」の会場写真を紹介します。

------

企画「はるに、桜と。」では、
この春に着たくなる洋服や小物の『春のよそおい』と『桜と春をイメージした焼き菓子』が集まりました。

【 春のよそおい 】
fuda_170319_01_07.jpg
まずは、『春のよそおい』の会場様子。春に着たくなる洋服や小物がたくさん集まりました。

fuda_170319_01_03.jpg

fuda_170319_01_02.jpg
男性の方も興味をもって覗いていたスカンクとアルマジロさん
洋服はシンプルで可愛らしく、お財布などの小物も革の素材が奇麗。男性女性ともに使えるデザインでした。

fuda_170319_01_04.jpg
DOT MELTさんはマフラーも可愛いけど、今回は春らしくターバン。
数種類の巻き方がイラストで紹介されていて、試してみたくなる一品でした。

fuda_170319_01_05.jpg
Hufte. (金子尚美)さんは、シンプルでちょっと大人な服。
着こなしのアドバイスを受けつつ自分にあった”よそおい”を。

fuda_170319_01_01.jpg
大鳥神社の会場内で、ひときわ目を引いた 川越の小さな花屋 KONOHAさん
見た事のない花も沢山あって、春らしいとても華やかなブースでした。
春のよそおいの一つに”春の草花”も、、、素敵ですね!

fuda_170319_01_06.jpg
今年も会場受付そばには試着室が設置され、多くの人が利用していました!

【 桜と春をイメージした焼き菓子 】
fuda_170319_01_08.jpg
手創り市でも大人気のお菓子やパンのブース。
今回は企画「はるに、桜と。」とのことで、春や桜にちなんだ、手作りのお菓子やパンがたくさん並びました。

fuda_170319_01_09.jpg
春らしい色合いのお菓子、ミニクグロフ専門店カランドリエさん
可愛らしい見た目なので甘いのでは?っと思ったら、ハーブやスパイスが絶妙に使っていて、
すごく美味しい大人の味のクグロフでした。見た目も華やかだから、友達にお土産したら喜ばれそう。

fuda_170319_01_10.jpg
夕暮れと菓子さんの桜の花をあしらったメレンゲ菓子。クッキー缶もほんのりピンクで春仕様でした。

fuda_170319_01_12.jpg

fuda_170319_01_11.jpg
美味しそうなパンがたくさん並んでいた信州薪窯パン野良屋さん
並ぶパンの種類が多くて目移りしそうですが、写真は、北海道小豆あんに桜を散らして生地に巻き込んだ、
「桜吹雪ロール」。塩漬けの桜がワンポイントで春らしいパンでした。

fuda_170319_01_13.jpg
最後は、キッチンカーgypsy coffeeさんのサクラマッチャラテ。
サクラフレーバーのピンクのミルクに、マッチャホイップクリームをトッピングしていて春らしい見た目。
味も想像以上に桜の味がしっかりしていて、美味しかったです。

以上。
2017年3月19日、雑司ヶ谷手創り市の企画「はるに、桜と。」の写真でした。


手創り市写真部 布田

2017.03.30 Thu Ayako Fuda

【雑司ヶ谷】2017年3月19日 WS「手縫いの革カバン」

こんにちは。手創り市写真部布田です。

2017年3月19日雑司が谷手創り市で行われた、ワークショップ :「手縫いの革カバン」の写真を紹介します。

【ワークショップ:手縫いの革カバン】
fuda_170319WS_01.jpg
大鳥神社の一角で開催されたpaisanoさんによるワークショップ「手縫いの革カバン」
これから少しずつ暖かくなっていく春の季節、お財布に鍵、携帯とちょっとした物をいれて持っていける...
そんな小さな革のカバンを作ります。

fuda_170319_WS20.jpg
ワークショップではまず始めに今回の制作するカバンの材料が各自配られ、作り方の説明が行われました。

fuda_170319WS_03.jpg
使用するのは革は、ネイビー、タバコ、イエロー の3色。
しっかりした厚さの素敵な風合いの革で、使うほど表情豊かに変化していくそう。


では早速、制作開始!
事前に裁断されボタンが留められている革2枚を「カバン」へと仕上げることに、
これが思っていた以上に手間がかかる作業でした。(ちょっと写真と文章が多くなりますがおつき合い下さい。)

fuda_170319_WS22.jpg
作業の最初は下処理。水に溶いたふのりを革の切り口(カバンの開閉部分にくる部分)に塗って、布で磨きます。
そうするとザラッとしていた切れ端部分がツルと滑らかに。

fuda_170319WS_05.jpg
端部の磨きが終了したら、2枚の革の端と端にボンドを塗って革同士を張り合わせ。

fuda_170319_WS19.jpg
そして専用の道具を使って、2枚の革が重なった部分に線を引きます。

fuda_170319WS_07.jpg
続いて、引いた線を目印に先端が尖ったホークのような道具でステッチ用の穴をあけていきます。
結構力を入れて叩くので、この作業の最中はドンドン、ガタンガタンとても賑やかな音が響いてました。

fuda_170319WS_08.jpg
ステッチ用の穴があいたら、次は「縫う」作業。3色の糸から好きな色を選び、縫う場所の約4倍の長さを用意します。
その糸を針に通して、革を縫うとき独特の糸処理(難しい)をして縫っていきます。

fuda_170319_WS18.jpg
ステッチの穴をあけた部分をひと針、ひと針、並縫いし、それを往復。最後に糸止めの処理をして終了。
これで、やっと2枚の革が1枚に。

1490438817.jpg
一枚の革になったら、次はカバンの形にしていきます。
カバンになった時の側面2カ所の内側にボンドをつけて2つ折り、ギュギュッと押して圧着。

fuda_170319WS_11.jpg
更にボンドで仮留めした左右の端にステッチの穴をあけ、今度は糸の端と端に2本の針を通して縫っていきます。

fuda_170319WS_12.jpg
針2本で縫う時は、足の間に挟みながらの作業。皆さん真剣な表情でした。

fuda_170319_WS21.jpg
カバンの両サイドを縫い終わったら、カバンの両サイドの端部にヤスリをかけて
最初にやったようにふのりをつけて布で磨き、最後に仕上げの蜜蝋を塗りればツルツル奇麗な端面に。
後はショルダー用の紐をあらかじめ開けてある穴に通して長さを調節すれば完成。

fuda_170319_WS15.jpg
本当に一つ一つ手間がかかり、慣れない作業なので間違えてやり直しの場面も。
でも、paisanoさんのサポートもあり早い人は2時間半くらい、
遅い人でも3時間ちょっとで素敵なカバンが出来上がってました。最後にpaisanoさんのお二人と記念撮影。

いろいろと大変な作業でしたがその分愛情が湧く素敵な小さなカバン。
どんどん使ってまた来年の今頃にはどんな色に変化するのか?見たみたいなぁと思いました。

以上。
2017年3月19日の雑司が谷手創り市のワークショップの写真でした。


手創り市写真部 布田

2017.03.26 Sun Ayako Fuda

【&SCENE】2017年2月26日 会場

こんにちは。手創り市写真部布田です。

【&SCENE】2017年2月26日 作家と蚤の市 と &Bakes、お堂ライブに引き続き、
2月26日、&SCENE手創り市の会場の写真を紹介します。

fuda_170226_02_14.jpg
2月26日は最高気温が14.2度と2月とは思えないほど温かい一日。

fuda_170226_02_02.jpg
一足早い春の陽気に誘われて、会場は沢山の人で賑わってました。
会場に出展していた作家さんの作品を紹介します。

fuda_170226_02_03.jpg

fuda_170226_02_04.jpgfuda_170226_02_05.jpg
可愛いスールや洋服が目を惹いたかえる洋裁店さん。屋外なのに試着室があるので実際に着る事も可能!

fuda_170226_02_08.jpgfuda_170226_02_09.jpg
refugeさんの陶器のピアスとブローチ。立方体の花器も可愛い。

fuda_170226_02_07.jpg
コスモスのと流体、無理なく作られている原料を使ったほのかに香る石けん、コスモス・サボンさん。

fuda_170226_02_23.jpg
可愛い木工のブローチや小物、千舟(ちふね)さん

fuda_170226_02_12.jpg
ドライフラワーのブーケ、MAKIKOさん。ちょっとクラシックな雰囲気がとても素敵です。

fuda_170226_02_28.jpg
シンプルな金属のブローチやキーフォルダー、goronawさん

fuda_170226_02_13.jpg
2つのBOOK SHOP。SUNNY BOY BOOKSさんとひるねこBOOKSさん。
それぞれセレクトが違う本達が並びます。

以上。
2017年2月26日の&SCENE手創り市の会場の写真でした。


手創り市写真部 布田

2017.03.19 Sun Ayako Fuda

【&SCENE】2017年2月26日 作家と蚤の市 と &Bakes、お堂ライブ

こんにちは。手創り市写真部布田です。

2017年2月26日、千駄木・養源寺にて行われた&SCENE手創り市。
会場では、おやつを楽しむ「&Bakes」、参加作家とスタッフが様々な物を出品する「作家と蚤の市」の企画2本立て、
本堂では小田晃生さんのライブ、とイベント盛りだくさんの手創り市でした。
写真が多いので、2回に分けて紹介します。

------

【作家と蚤の市】
fuda_170226_01_52.jpg
&SCENE手創り市で初の試みとなった「作家と蚤の市」。参加作家とスタッフにより
『ずっと使い続けてきたけれど、そろそろ次の方へゆずっても良いかな。』という品物が持ち寄られました。

fuda_170226_01_16.jpg

fuda_170226_01_53.jpg
可愛い小物から古いアンティーク、どこで買ったの!?と思う物まで、いろいろと集まった「作家と蚤の市」。
展示されたものたちにはそれぞれエピソードが書かれていて、それを見ながら選ぶ事が出来ます。
長く大切に使ってきたものを次の人へ、これからも末永く。とてもステキな企画でした。


【&Bakes】
fuda_170226_01_18.jpg
そしてもう一つの企画、たくさんの魅力的なお菓子がたくさん集まった「&Bakes」

fuda_170226_01_19.jpg
「冬と春の間の味覚を楽しみながらお気に入りのおやつをほおばりゆったりと喫茶の時間を楽しんでいただける時間を」
とのコンセプトで、総勢12店舗のお菓子、パン、和菓子、ジャムなどお菓子に関する作家さんが出展しました。

fuda_170226_01_21.jpg
イチゴとベリーのケーキやレモンサブレなどたくさんの種類の焼き菓子が並んだ、季節の焼き菓子Charteさん

fuda_170226_01_48.jpg
やさしいお菓子、te.to.teさん。小さめのお菓子が袋づめされているので、ちょっと食べたい時にオススメです。

fuda_170226_01_22.jpg
可愛い顔のクッキー、たまこサロンさん

fuda_170226_01_23.jpg
お昼前には売り切れてしまうお店も続出、やっぱり甘い物の魅惑にはかないません。
会場にはゆっくりくつろいでお菓子が食べれるスペースも作られ、みなさんお茶をしながらお菓子を楽しいでいました。
※写真は、夕暮れと菓子さんのブース

出展していたお菓子のお店は、こちらになります↓
&SCENE手創り市HP「&Bakes-おやつを楽しむ-」


【& music】お堂ライブ
fuda_170226_01_24.jpg
そして、13時から本堂で開催された小田晃生(おだこうせい)さんのお堂ライブ。

fuda_170226_01_25.jpg
手創り市HPで紹介されていた曲を聴いた時は、明るくポップな音楽に楽しい詩、子供が好きそうな曲と思いましたが、
実際にライブで聞いてみると明るい曲からしっとりとした曲まであり充実したライブでした。
特に歌詞が小田さんならではの言葉選びで、まるで物語が進んでいくよう!

fuda_170226_01_26.jpg
曲と曲の間に入るライブトークもテンポ良く、小田さん自身『僕の歌は基本的に、夜の歌、暗い歌、寒い歌が多くて、
昼間ライブをするのにあわない曲が多い』と話していましたが、とても盛り上がったライブになりました。

fuda_170226_01_28.jpg
お堂ライブの入り口で販売されていたCDやグッズ。掘り出し物もあるので是非チェックを。

ライブの中で演奏された曲で私が好きな曲を1つ載せさせていただきます。


以上。
2017年2月26日の&SCENE手創り市の企画2つとライブの写真でした。
続いて次のブログで2月26日&SCENE手創り市の会場の写真を紹介します。


手創り市写真部 布田

2017.03.16 Thu Ayako Fuda

【雑司ヶ谷】2017年2月12日

こんにちは。手創り市写真部布田です。

2017年2月12日(日)に行われた雑司ヶ谷手創り市の写真を紹介します。

------

fuda_170212_41.jpg
先月の寒さに比べると若干過ごしやすかった2月12日、外に出ると青空が広がるよいお天気でした。

fuda_170212_31.jpg
鬼子母神会場の参道。
寒い中でも、素敵な作家さんの作品が沢山ありましたので紹介します。

fuda_170212_03.jpg

fuda_170212_04.jpg
太陽の光にガラスに当たってキラキラきれいなガラスのオブジェ、栗原志歩さん
ガラスのカップやうつわは揺れるようなゆらぎがあって、手作りならでは。

fuda_170212_35.jpg
陶器とアクリルのヘアゴム、TAGAKU (タガク)さん
陶磁器の作家さんと思ったら、磁器タイルを加工してアクセサリーとしているそう。
同じ方法で制作した、樹脂アクリルのアクセサリーもありました。

fuda_170212_06.jpg
存在感がある木の器、坂本拓磨さん
あえてゆがみや割れ、フシなどを残した器に、ざっと手後が残る漆が独特の雰囲気。

fuda_170212_07.jpg
伊豆の養蜂家、みちばちのーとさん
購入した蜂蜜とショウガの飴は、ハチミツの優しい味とショウガのしっかりした味が絶妙で凄く美味しかった。
蜂蜜のナッツ漬けは、ヨーグルトやパンに良いそうです!

fuda_170212_49.jpg
モコモコ、凄く触りたくなるブローチとヘアゴム、けだま製作所さん
普通の毛糸とアクリル毛糸を使っているものがあり、ちょっと触り心地が違います。奥のピアスは、フェルトを使用。

fuda_170212_09.jpg
まほうのすうぷ屋さんのオニオンスープ
他にも具たくさんの豚汁やポークジンジャーもあり、寒い季節にうれしい品ぞろえ!

fuda_170212_10.jpg
そして、いよいよ春間近。手創り市では春らしい企画が盛りだくさん。
3月の大鳥神社会場では、春らしい服やストール、桜のお菓子が集まる企画「はるに、桜と。」
4月は「はるのパン祭り2017」が開催予定です!
是非、春を感じに遊びに来ていただけたらと思います。

以上。
2017年2月12日(日)の雑司ヶ谷手創り市の写真でした。


手創り市写真部 布田

2017.03.13 Mon Ayako Fuda

会場別



検索フォーム