TOP > 会場別 - ARTS&CRAFT静岡

【ARTS&CRAFT静岡】2016年10月9日

こんにちは、写真部umeです。

年2回の楽しみ。春と秋のお楽しみ。
静岡の手創り市の様子をお届けします。

この日も新宿バスタから出発です。コンビニが無いのが不便でしたが、
最近やっと出来たようですね。

新宿より7時過ぎに出発し、新静岡駅に10時半頃到着。
ume20161009IMGP9629.jpg
新静岡駅からですと、静岡鉄道の柚木駅になります。

前日のお天気があまりよくなく、テントが壊れてしまった作家さんもいたようです。
ume20161009IMGP9636.jpg
地面がぐちゃぐちゃの為、長靴の方がチラホラ。

即席で橋も作られていました。
ume20161009IMGP9662.jpg
きっと朝一の時は水溜りもまだ残っていたんでしょうね。

さてさて、着いたらまずはご飯ご飯!
お昼の時間になると混みますので、早めに取られることをオススメします。

yatai cheさん
ume20161009IMGP9639.jpg
入口付近のカレー臭にも誘われたのですが、
この日はお腹の調子があまりよよくなかったので、お腹に優しいものを。
ツルっとお腹に届いて、スープでお腹を温めてもらいました。
レモンで味を2回楽しめるも良いです。

wood bell furnitureさん
ume20161009IMGP9713.jpg
食べ物続きで、食卓に富士山はいかがですか?
ちょっとしたお土産にも良いですね。

ラフイユさん
ume20161009IMGP9645.jpg
名古屋にアトリエをお持ちのラフイユさん。
ライブ等の会場装飾/美容院や飲食店の装花/または雑誌CM等の撮影のスタイリングetc...
植物を使った雑貨やアクセサリーを制作されているお花屋さんです。
結婚式の二次会などパーティーにも良いですね。
こんな素敵なお花をお家に飾ったら、とても華やかになりますね。
お家に帰ってくる度、癒されちゃうな。

Nakariwatchさん
ume20161009IMGP9780.jpg
タイのバンコクからの出展です!
シンプルなデザインですが、二重の防水加工など機能性やどんなスタイルにもマッチする実用性も兼ね揃えており、
防水加工として、木材を湿気やカビから守るものと、撥水性が高く生活防水は問題なく対応できる2つの防水剤を使用してます。
ベルト部分は天然皮革の牛革を使用。
今回の作家さんの中で1番気になった方です。
文字盤に分がちゃんと書いてあるのが好きな私にとっても惹かれました。
シンプルなデザインですが、素材がしっかりしてるので長く愛用出来そうですね。

高部 雄策さん
ume20161009IMGP9721.jpg
横から見える、グラスの青さがキレイで撮らせていただきました。

ume20161009IMGP9735.jpg
こちらのは、中の茎などの部分も見えますので、
このような茎の部分まで花などがある場合でも鑑賞できます。

小野銅工店 さん
ume20161009IMGP9667.jpg
針山さん…ではなくて、ハリネズミのスプーン差し!
斬新なアイデアでちょっとビックリしましたが面白い!笑
以前アイススプーンのワークショップをさせていただき、とても楽しく、今でも使わせていただいてます。
http://tezukuriichiphoto.blog.fc2.com/blog-entry-386.html

ワークショップの様子もご紹介します。

Lille og storさん
ume20161009IMGP9684.jpg
Lille og Stor(リレ・オ・ストア)とはデンマーク語で「小さいと大きい」と言う意味だそうです。
下地とよばれる牛ヌメ革を使用し、柔軟性と形状記憶という張りのある革本来の特性を活かし、
革を折りたたむことでより自然な丸みとシンプルな意匠を心がけてデザインをされています。
ネジ式のカシメを使用し、必要以上に金物を使用しないことで壊れるリスクを減らし、
パーツの交換等、後のメンテナンスを簡単に行うことができるそうです。

ume20161009IMGP9680.jpg
ブース内では、ワークショップが行なわれており、
色を自由にお選び、パーツを組合せてバスケットづくりをしていただきます。
パーツを追加することによってサイズや形を自由に決めることができ、
形ができたら、自由にアルファベットの刻印やカシメ打ちで取手をつけて完成です。
今回のワークショップの中でとても惹かれたワークショップでした。
とても簡単におしゃれなバックが出来るなんてなんて素敵なワークショップ…!

本日から丸の内のタピエスタイルで個展をされているので、ぜひ覗いてみて下さい。
2017年1月9日(月祝)〜1月18日(水)最終日は夜20時まで
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング4F

日本酒カクテルをつくるワークショップ
ume20161009IMGP9671.jpg
まず日本酒をストレートで味見し、
自分好みの果物をいくつか組み合わせたり、
好みでお酒や炭酸水を使い、隠し味を入れたり、、
同じお酒でも、作る人によって変わる印象、景色。それがワークショップ。
自分だけのオリジナル日本酒カクテルをいただきます。

ここだけまるで立ち飲み屋さんになったような雰囲気に、手創り市の新しさを感じました。
(禁止とかダメではないけど、ナチュラルなこの手創り市にお酒が並んでことなんて無かったもので…)
カクテルは飲めるけど、日本酒は…って人にもうってつけの企画だったと思います。

私も今回の静岡旅で日本酒を飲む機会がありまして、
日本酒が飲めないと自分で思っていたのですが、きっと飲まず嫌いだったんでしょうね。
素敵なお酒にめぐり合えました。

静岡スタッフの開催後記も合わせてご覧下さい。

2016年秋の日記(前編)
http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1018
2016年秋の日記(後編)
http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1019

お天道様の試練。(荒巻)
http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1020

ume20161009IMGP9808.jpg
次回開催日は4月8・9日になります。
今から予定空けといて下さいね♪

写真部ume

2017.01.09 Mon ume comment:0 

【ARTS&CRAFT静岡】2016年4月9日-会場WS-

こんにちは、写真部umeです。

54年ぶりの雪が降ってますが、皆さん大丈夫ですか?!

フードブースおやつの時間会場①会場②に続き、会場のワークショップの様子をお届けします。

森のcafe
ume20160409IMGP9865.jpg
森のcafeは、「コーヒーとおやつ」で繋がるワークショップ。

ume20160409IMGP9871.jpg
落葉テーブルには、
事前にエリア6とフードF22~25さんに「コーヒーにあうおやつは何ですか?」とQ&Aを行い、
その答えをもとに、担当スタッフがイラスト化(ハガキサイズ)した原画が並んでおり、

ume20160409IMGP9867.jpg
他の落ち葉テーブルには、来場者の方たちが書いて下さった言葉や絵が残されています。
少しずつ溜まっていく紙たちが葉っぱのようにも感じます。
見て、読んで、書いて、残して、新しいワークショップの形だなっと思いました。

まんまる○さん
ume20160409IMGP9888.jpg
いつもより小さめの手動の活版印刷機「テキン」を使い

ume20160409IMGP9889.jpg
木のコースターか、ブローチ、もしくはメッセージカードに、好きな文字を「活字」から選んで、印刷します。

ume20160409IMGP9882.jpg
このように、お好きな言葉を活版で印刷出来ます。
以前プレゼントして頂き、嬉しかったです。記念にもなるしお土産にもなりますよ☆
http://tezukuriichiphoto.blog.fc2.com/blog-entry-386.html

dot designさん
ume20160409IMGP9836.jpg
革雑貨を作られている方で、このような裁縫セットを作られていたり、

ume20160409IMGP9838.jpg
革の鯉のぼりも!なんとも斬新な!!

そのブースの脇行なわれたワークショップが、
ume20160409IMGP9826.jpg
革のフラッグガーランドを作るワークショップです。
お部屋のインテリアや帽子などに付けても良し、このようにバックに付けるとエコバックもおしゃれになります☆

ume20160409IMGP9834.jpg
この山のような布たちがどのように出来上がっていくぜひご覧下さい。

ume20160409IMGP9824.jpg
沢山の革の中から、お好きなピースを選びます。
色々な色の革がありますので、私だったらそこから悩み、色と配置でまた悩みます。笑

ume20160409IMGP9827.jpg
文字の刻印をしていきます。
”Happy Birthday”と刻印してラッピングに使うのも素敵ですね。

ume20160409IMGP9823.jpg
終始参加者の方が絶えず沢山撮らせていただきましので、
少しご紹介します。

☆完成品☆
ume20160409IMGP9831.jpg
猫がお好きな方たちですかね。
私もきっと選んじゃう。

ume20160409IMGP9843.jpg
2が示す言葉とは…?!
ワンピースやシャツのポケットもちゃんと付けられていて小さな工夫がまたかわいいですね。

さてさて最後はお参りです。
ume20160409IMGP9894.jpg
360度緑の光景に本当に癒されます。

ume20160409IMGP9903.jpg
気持ちの良い風が時折吹き、鯉のぼりも気持ち良さそうに泳いでおりました。

ume20160409IMGP9911.jpg
鳥居脇には、桜も咲いており、地面にピンク色に染めており、4月ならではの光景が見れました。

さてさて、夕ご飯は静岡駅内にあるご飯屋さん。
ume20160409IMG_3894.jpg
毎度ながらN氏に教えていただきました。
静岡の新鮮なお魚にいつも感動!
ごちそうさまでした!!

秋季開催は、ちょっと寒くなるため、個人的には春季開催の4月開催をおすすめします。
レジャーシートを持ってぜひお越し下さい。
ume20160409IMGP9575.jpg
次回開催日は2017年4月8・9日となります。

写真部ume

2016.11.24 Thu ume comment:3 

【ARTS&CRAFT静岡】2016年4月9日-会場②-

こんにちは、写真部umeです。

フードブースおやつの時間会場①に続き、会場②の様子をお届けします。

栗原志歩さん
ume20160409IMGP9747.jpg
まるで飴玉のようなかわいさに思わず食べちゃいそうになります。笑

ume20160409IMGP9745.jpg
お裁縫が得意な子などにプレゼントしたらきっと喜ばれそう。
かわいくて飾っときたくなっちゃうな。

kana∴kanaさん
ume20160409IMGP9763.jpg
海草のような、でも葉っぱにも、花にも、色んな見え方がありますね。
大きいため、存在感あり!
単色のワンピースと合わせたら映えますね。
色も秋っぽい。

ume20160409IMGP9766.jpg
石のカラフルさに誘われてチョウチョもやってきました。
黄色やオレンジ色はイチョウのイメージがあるせいか、秋っぽく感じますね。
緑もあるとクリスマスのリース思い出すなぁ。早いですねぇ。

Handwork Stillaさん
ume20160409IMGP9805.jpg
花のような、イソギンチャクのような海の中の花のような。

ume20160409IMGP9811.jpg
ミサンガのように気軽に付けていただくだけでチラっと見えた腕がおしゃれですね。

yutaさん
ume20160409IMGP9780.jpg
おやつの時間でもご紹介したyutaさん。
滑らかな曲線と輝きにうっとりしてしまい、何回もシャッターを押しました。

ume20160409IMGP9781.jpg
2種類、茶匙の写真を載させていただきましたが、違いが分かりますか?
気になり、作家さんにご質問したところ、
小さな丸のような茶匙は紅茶などの平たい缶などを掬う用で、
長細い茶匙は日本茶などの細長い缶の底から掬う用だそうです。
納得!!
(大半の方が知ってたらすみません!!)

ume20160409IMGP9756.jpg
次回開催日は2017年4月8・9日となります。

写真部ume

2016.11.23 Wed ume comment:0 

【ARTS&CRAFT静岡】2016年4月9日-会場①-

こんにちは、写真部umeです。

ume20160409IMGP9656.jpg
フードブースおやつの時間に続き、会場の様子をお届けします。

聚落社さん
ume20160409IMGP9675.jpg
涼しげな色の日傘。
4月の開催だった為、夏に向けてとても人気だったそうです。

ume20160409IMGP9671.jpg
夏は汗もかきます。
お揃いのハンカチも是非ご一緒に♪

サトウカヨさん
ume20160409IMGP9678.jpg
この涼しげな色に目を惹かれました。ガラスの透明は見ているだけでも涼しくなります。
白いブラウスに付けたらきっと素敵。

ume20160409IMGP9687.jpg
水泡を閉じ込めたようで、炭酸の連想しちゃいます。
あのシュワシュワ感、たまに欲しくなるんですよね。

studio iiroさん
ume20160409IMGP9701.jpg
2色使いでグラデーションですが、全く反対の色で斬新で面白いですね。

ume20160409IMGP9708.jpg
グルグル…。目が回っちゃう~。笑
キャンディのような色使いでキュート。

pitter×patterさん
ume20160409IMGP9713.jpg
クイズです!これは何でしょうか?

ume20160409IMGP9724.jpg
正解は笛ですー!
こちらは大きなはとぶえなのですが、先程のもちゃんと吹けます。お子様にいかがでしょうか?

とりもと硝子店さん
ume20160409IMGP9734.jpg
プラスチックではこういう半透明はあるかもしれませんが、
こちらはガラスで出来ている為、熱い物でも可です。

ume20160409IMGP9738.jpg
ハットをひっくり返したようなデザインですが、下に水が溜まり、見えるのがまた良いですね。
ちょっとぶら下げてブランブランしとくのかわいいな。

ume20160409IMGP9668.jpg
次回開催日は2017年4月8・9日となります。

写真部ume

2016.11.22 Tue ume comment:0 

【ARTS&CRAFT静岡】2016年4月9日-『おやつの時間』-

こんにちは、写真部umeです。

フードブースに続き、
おやつの時間の様子をお届けします。

春の小屋企画 『 お や つ の 時 間 』
ume20160409IMGP9856.jpg
みんな大好き、おやつの時間。
おやつ。
きっと誰もがこの言葉に幸せを感じるのではないかと思います。
こどものときも。
おとなになってからも。
がんばったご褒美に。
もうちょっとがんばりたいときに。
そんな誰かの時間に寄り添うひと皿を見つける機会となれたなら。
2016年、春の小屋企画はおやつをテーマに、
「菓子皿」と「菓子切」からはじまる企画展を開催致します。
(blogより引用)

ume20160409IMGP9859.jpg
どっしりお皿は珍しく思わずパチリ。
大福でも置いたらきっと存在感バッチリ(笑)

ume20160409IMGP9857.jpg
個人的にはこちらのお皿にとても目を惹かれました。
本当にキレイな輝きで、華奢なフォークも一緒に揃えたくなります。
ケーキなんて置いたらきっとどっちも映える…!!

chagamaによる茶葉の合組ワークショップ
ume20160409IMGP9593.jpg
今回のワークショップでは、
chagamaさんにご用意いただいた茶葉をご自由に組み合わせていただき
自分だけのお茶を作っていただきます。
香りを際立たせて、まるでハーブティーのようにしたり、
自分好みの茶葉を多めに使い、より美味しさを求めたり、、
最後は、自分で合組したお茶をお菓子とともに。
お菓子を引き立たせる菓子皿は、
「おやつの時間」の参加作家さんの作品からお選びいただけます。
同じお菓子でも、お皿によって変わる印象。
ぜひ、楽しい「おやつの時間」をお過ごしください。

始める前に、
おやつの時間の参加作家さんの中からお皿を選びます。
ume20160409IMGP9588.jpg
沢山あると悩みますが、こういう時は直感でチョイス!

まずは先生の説明から。
ume20160409IMGP9602.jpg
合組とは、複数の茶葉をブレンドしていくことで、
それぞれがもつ特徴をより引き出したり、
味を深みのある、まろやかなものにしていく作業のことだそうです。

そしてお待ちかねの試飲!
ume20160409IMGP9597.jpg
茶葉は同じように見えて、淹れて頂くと全然違いますね。
すぐに分かるのは色。
飲んでみるとまた違う。「これは濃い」「でもこれは甘さがあったり、これはさっぱり」
飲み比べが本当に面白く楽しいです。
普段飲み比べなんてしないから気付かなかったけど、自分はこういうのが好きなんだっという発見にもなります。

さぁやってみましょう!
ume20160409IMGP9644.jpg
お盆?に自分が飲んでみて気に入ったものを大さじのスプーンを選んでいきます。

先生に量を確認してもらい、茶葉を缶に入れ、
ume20160409IMGP9637.jpg
ちゃんと混ざり合うように缶をシャッフル!

完成された茶葉を皆さんで嗅ぎあいっこ。笑
ume20160409IMGP9622.jpg
知らない方とでも、いつの間にか自然とおしゃべり。
そういう光景もワークショップならでは。

さぁて、お待ちかねのおやつの時間ですよー!
ume20160409IMGP9653.jpg
急須の上に湯のみが乗っており、お湯を淹れれば、湯のみも温まるので一石二鳥!

一緒にWSをした友人のお茶と比べてしました!(右:自分、左:友人)
ume20160409IMG_3872.jpg
選んだ茶葉も違うので、やはり全然違う!
飲んでみると…自分のは色も濃い為、味も濃かったです。友人のは私のより少し色が薄くあっさりとした味でした。

ume20160409IMG_3871.jpg
菓子きりは先程気になったyutaさんのでした!嬉しい偶然!
(ちなみに友人はyutaさんのお皿を選んでました!)
細身ですが使いやすかったです!
日本人なので、たまにはお茶とお菓子でゆっくりしてみてはかがでしょうか?

ちなみに、chagamaさんのお店は柚木駅から静岡鉄道で新静岡に戻っていただく途中の日吉町駅にございます。
色々な味や組み合わせあり、試飲も出来る為、とても楽しいです。
個包装も小さく、静岡土産にももちろんの事、プレゼントにも良いですよー!
静岡にいらした際は是非ご一緒に巡ってみて下さい。
ume20160409IMGP9851.jpg
次回開催日は2017年4月8・9日となります。

写真部ume

2016.11.21 Mon ume comment:0 

会場別



検索フォーム